FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターン最終日

4月4日にプノンペンINをして、あっという間に7ヶ月がたちました。
光学校で日本語教師インターンをしている大学生のちあきです!
今日、日本へ帰ります

7ヶ月間日本語をカンボジアの、光学校で教えてみて、、

とても楽しかった!!というのが1番の感想です。

4月に着たばかりのときは、カンボジアも1番暑い時期でしたし、早起きにもなかなかなれず、1日4時間、日本語を教えることさえきつかったです。
日本語を教えることに関しても、大学で専攻をしているわけでもないし、今まで教えたことがあるわけでもないので、教えることがこんなに難しいとは思いませんでした。

最初は「辞書形」や、「ます形」もわからない状態でした。教えるうちに学生と一緒に勉強していって、慣れていったという感じでした。それだけ授業を始めたころは、学生には不満があったんじゃないかなと思います。

ちゃんと予習のノートを作るようになって、自分の教え方がリズムに乗ってきてからは、文法をしっかり説明できるようになったのと同時に、板書に関しても考えるようになりました。
以前ほかの日本語学校に行って、見学させていただいたことがありますが、カンボジア人の先生の場合、新しい文法だったらしっかりとした板書があります。
日本人の私は、何も考えずに日本語を使えてしまうわけで、だからこそ、文法を細かく、1番大切にしていなかったのだと思います。ちゃんと気付いてからは、板書についてもよく考えられるようになりました。


自分の話ばかりになってしまいましたが、最初にも書いたように、「楽しかった」というのが1番の感想です。
幼い子では中学生から、高校生、大学生、社会人、、そして、定年されている方まで。
いろいろな年齢層の方が、毎朝6時から、会社に行く前に勉強している。しかも、みんなが話せるのはクメール語と日本語だけではなく、英語も、中国語も、フランス語も、、、。
学生がいろいろな言葉をしゃべることができて、私といえば唯一しゃべることができる英語を駆使してもわからない単語がいっぱいあって、電子辞書に頼る毎日><
いろいろな言語、いろいろな勉強をがんばっている学生達を見て、とても刺激をもらっていました!!

そして、特に刺激を受けたのは、日本語を自分の「専攻」とは別で勉強している学生です。
たとえば、「保健」、「エンジニア」、「金融・銀行」など。
自分の専門を、日本で勉強したい、だとか、日本の技術を勉強したい、といった意欲にいつもすごい、すごい、と思わされてばかりいました。

なかなか慣れませんでしたが、学生と毎日勉強していくうちに、お互いの言いたいこともわかるようになってきたり、学生の日本語のボキャブラリーが増えると同時に私のクメール語のボキャブラリーが増えていったり・・。

私はカンボジアに「先生」としているけれど、全くそんなことはなくて、お互い教えあうというスタイルがあって、とっても楽しかったです。学生全員が、私の先生です。クメール語だけでなく、日本語の文法の先生でもあります。

295902_1769824465852_1846452280_1159354_2044420298_n[1] copy

日本に帰ったら、大学での勉強ももっとがんばらなければならないと思いましたし、カンボジアでがんばっている方達がいっぱいいることをもっともっと日本の人に知ってほしいと感じるようになりました。これからは、カンボジアでがんばっている学生がいっぱいいることを忘れずに、日本でがんばっていきたいと思います。


7ヶ月間、本当にありがとうございました!!
このブログを見てくださっている皆様、これからも光学校をよろしくお願い致します!!


にほんブログ村カンボジア情報
スポンサーサイト

モンドルキリ

カンボジアの東部に位置しているモンドルキリ州をご存知ですか?

プノンペンからバスで約9時間
ベトナムとの国境に位置するこの州は、滝や自然などが多いことで知られています。
モンドルキリまでの道のりは、山道でしたが、コンクリートのとても綺麗な道路でした。
この道は最近舗装されたばかりだそうです。

首都から離れたところなので、「発展していない」イメージで向かったのですが、実際はとても綺麗な家が立ち並び、韓国人も多くすんでいるとのことでした。ちなみにすんでいる韓国人の多くは、語学学校をしているそうです。
日本人はまだあまりいないようです。
また、この州は比較的裕福な人たちが多いようで、NGOなどの支援もあまり入っていないそうです。
町の中心部は道は綺麗に舗装され、さらに気候も涼しかったので、まるで日本にいるような感覚です。とっても懐かしい感じがしました

_MG_7342.jpg

_MG_7011.jpg

モンドルキリのこのまでは、バイクで2時間ほどでした。
途中舗装されていない赤土の道もあり、また、アップダウンが激しい道もありましたが、
そんな道をジェットコースター感覚で走っていって、とても楽しかったです

_MG_7060.jpg

滝は、シェムリアップにあるプノンクレーンと似ていましたが、こちらの滝のほうが大きかったです
この滝はPou Trouと呼ばれています。モンドルキリには3つ滝がありますが、一番市街地から離れた滝です。
とても大きく、滝は2段にわたってあります。
滝の一番上の部分には大木が流されかかってとまっていたり、落ちるところには虹が見えて、とても綺麗でした。
カンボジア人が多いのかな、と思ったら、意外と外国人も多く、日本人にもあったりしました

_MG_7150.jpg

_MG_7107.jpg

また、モンドルキリ州には少数民族も多く残っており、伝統的な衣装もある!ということだったので、少数民族が住んでいるという村も訪ねてみましたが、多くの人々はすでにクメール人となっていて、伝統的な衣装を着るのはもうやめた、とのことでした。残念です><

そしてなんといっても感動したのは、山の上からのサンセットです。
町の中もとてもアップダウンが激しかったので、山がいくつもありました。
その山の中には、頂上にお寺があるものが二つありました。
そのお寺の山から見るサンセットはとてもきれいでした。

_MG_7286.jpg

最後に、子どもたちの写真です!
学校まで歩いて通っている学生が多いようで、これまた日本を連想させました
プノンペンの学生は、誰かが迎えに来て、モトで家に帰る、というイメージがあります。
そして、たこで遊ぶ子もいたり、ビーダマで遊ぶ子どももいたり。。。
夕方は夕日に照らされながら遊ぶ姿がとてもほのぼのとしました
滝に向かう道の途中では、近所の子どもたちが集まって、小さな川で洗濯をして、水浴びをしていたりと、とてもほほえましい様子を見ることができました。
とてもかわいかったです

_MG_7019.jpg

_MG_7021.jpg

_MG_7071.jpg

プノンペンからは少し遠いですが、ベトナムに行く予定のある方、ベトナムからカンボジアへ入ってくる予定のある方、モンドルキリ、お勧めです
機会があれば、ぜひ足を運んでみてください

とても素敵な、モンドルキリの紹介でした♪♪

にほんブログ村カンボジア情報

カンボジアの日本語教育事情

カンボジアでの日本語教育事情をすこしご紹介します。

【基礎情報】
日本語学習者は、2009年時点で2800人といわれています。
勉強する目的は、就職や留学。

【日本語能力試験】
国際交流基金が実施している試験で、年2回あります。7月と、12月です。カンボジアでは
2010年から新しい試験が開始され、今までは「1級~4級」と表現されていたものが、「N1~N5」と表現されるようになりました。2級と3級の間に「N3」というレベルができ、以前よりもレベルわけが細かくなりました。また、新しいポイントとして、以前よりもコミュニケーション能力を重視した試験になっています。
カンボジアでは、CJCCのみが試験の会場となっています。7月、12月ともに受験可能です。

camb_gaikan[1] copy

ちなみに2010年の受験者累計は1100、2011年の累計は1200人となっています。N4、N5の受験者は減っているものの、今まで勉強を続けてきた学生が、自分ががんばってきた証拠として資格がほしいという思いで受け続けている人が多いようです。

【日本語学校】
プノンペンに15~20校、シェムリアップには5校ほど。ただ、シェムリアップの学校は、ガイドになるための勉強が主となっています。また、公教育としての日本語教育はほぼ大学しかなく、日本語を学べる大学は5つとされています。

日本語学習者の人数は、日本企業の進出が盛んであるかに左右されるようです。一度減ってきていた日本語学習者も、最近日系企業の進出が増えてきているため、また人数が増え始めているようです。
去年、今年と日系企業の数も急激に増えていますので、日本語学習者の人数もこれからさらに増えていくかもしれませんね。

日本語を勉強する人たちは、「日本の会社で働きたい」と思っている場合が多いので、できる限り、勉強した後の出口を用意していかなければならないな、、と痛感しています。
なかなか難しいことですが、学校として、一個人として、学生達にできることをこれからもしっかりと考えていきたいと思います。

IMG_2395 copy

にほんカンボジアブログ村情報

盆踊り大会

10月23日、日曜日にDiamond Island(KOH PECH)で、日本人会による盆踊り大会が開催されました
Diamond Islandは、道路はとても綺麗に舗装され、とても新しい飲食店が立ち並んでいます。また、結婚式場もあり、プノンペンの発展を象徴している場所でもあります。

今回は、このDiamond Islandの結婚式場を使って行われました
とても綺麗な会場の真ん中には、日本のお祭りと同じように盆踊りのセットがされ、周りにはたくさんの団体からさまざまなお店が出されていました。
開場する前から入り口にはたくさんの人が並びました!!
3時に開場し、多くのカンボジア人と日本人が入っていきます。
そして、まずはマーチングバンドの演奏、その後、子ども達によるソーラン節が披露されました
自分が小学生時に、一生懸命花笠音頭を踊ったのを思い出しながら、踊りを見ていました

IMG_6919.jpg

IMG_2372.jpg

また、各ブースには日本の食べものがいっぱい!
炊き込みご飯、味噌カツ、カレー、タイヤキ、おすし、、などなど。
どのお店もとても込んでいて人気でした。

IMG_2376.jpg

ソーラン節が終わったあとは、ついにメインである盆踊り!!
毎週CJCCで盆踊りの練習会も開かれていたので、カンボジアの踊りも、日本の踊りも、みんなとっても上手でした1曲踊るたびに拍手喝さいで、大盛り上がり!やっぱりカンボジア人は踊るのが大好きなんだなぁと実感しました

IMG_2377.jpg

IMG_6933.jpg

そして踊り続けた後、猫ひろしさんが現れました!!一緒に盆踊りを踊っていました
日本人は驚いて、みんな興奮していました!

20111023.jpg

毎年行われているこのイベント。
日本人とカンボジア人のとっても素敵な交流の場でもあります。
日本に興味を持っているカンボジアの人々と、日本人が近くなるとってもいい機会だなーと思いましたこれからもイベントを通してどんどん交流が深まっていくといいなぁと思います


にほんブログ村カンボジア情報

文法

最近、6時からのクラスで文法の復習テストを行いました。
このクラスではみんなの日本語Ⅱを勉強しています。
今第36課まで勉強しました。

最近勉強した可能形意向形禁止形命令形条件形の形をそれぞれ書き出してみましたが、忘れているところが多いようでした。そこで、もう一度動詞のグループごとに変化の仕方を確認しました。

 hikari

動詞の形を確認した後は、それぞれ例文を作って、使い方や意味も思い出しました。
今日しっかり復習したので、これからは授業の中の会話でもしっかり使っていきます

また、カンボジアのお正月についての作文もみんなで書きました。

これは学生の作文です。

毎年4月にカンボジアのお正月です。13日から15日まで。
 普通、みなさんはお寺へ祈りにいきます。
 お寺でいろいろな食べ物があります。特にちまきを食べます



文法はいっぱい練習していますが、作文や会話は勉強する機会が少ないので、これからもっと勉強していけたらと思います。
今このクラスでは火曜日に会話のクラスを、金曜日に漢字を勉強しています。


これからも会話、文法、作文などなど、いろいろな勉強をがんばっていきましょう




にほんブログ村カンボジア情報
プロフィール

Hikari School

Author:Hikari School
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。